1. ホーム
  2. キャッシングの利息・金利
  3. ≫キャッシングの金利は利息の法律によって上限が決まっています。

キャッシングの金利は利息の法律によって上限が決まっています。

キャッシングの金利は利息の法律によって必ず小さくなるように考えられています。キャッシングは、一般的な消費者に対して実施されている借入のサービスのことを意味するので、個人の消費者に対する負担をなるべく小さくするために法律的な規定が存在するのです。この利息に関する法律的な制限を利息制限法と言い、キャッシングを提供する全ての消費者金融のサービスに対して適用されるので安全に融資のサービスを利用することが可能です。
利息制限法のポイントは、利息の上限を設定して下限を設定せずに保留している点にあります。これは、極めて個人の消費者にとってはメリットのある規定であるといえます。上限を設定すれば、確かにそれ以上の金利で融資を設定することができなくなるのでそれ以上の負担が消費者にかかることはありません。

しかし、下限に制限があればそれぞれの会社のサービス内容に変化をつけることができなくなります。法律によって消費者の負担を制限しているので、一定以上の金利を設定することが出来ない消費者金融にとってはできるだけ多くの人にキャッシングを利用してもらうためにより借りやすいように金利を設定しなくてはいけないようになります。

下限に関して必要以上に下げてはいけないような法律的な規定が存在していると、法律的に消費者金融同士で競争をすることができないことになってしまいますのでこれはよくないのです。

ですから、利息制限法の範囲内でどのような利息を設定するのかを把握することによって、それぞれの会社の融資のサービスの優劣を判断することができるようになるのです。このような基準を持っていれば、より良い会社がどのような会社なのかを容易に判断することができます。

実際に近年のキャッシング会社の中には、こうした金利に関する法律的な制限を利用して無利息でお金を貸すようにサービスを積極的に提供している会社もあるくらいなので非常に利用しやすいのです。