1. ホーム
  2. キャッシングのシステム
  3. ≫消費者金融?銀行?それぞれの業者ごとのキャッシングの特徴について

消費者金融?銀行?それぞれの業者ごとのキャッシングの特徴について

キャッシングとは、消費者金融や銀行からお金の融資を受けるサービスのことを指します。借り入れをしようと考えた業者に申込みをして、審査に通過することで融資を受けられるようになります。

カードを受け取るタイプのキャッシングでは、自動契約機などで契約を締結することでカードが発行されますので、金融業者のATMや提携先の銀行、コンビニATMなどからお金を引き出せるようになります。

キャッシングは他の目的別ローンとは異なり、自由な目的のために利用できるお金を借り入れできますので、生活費であったり、欲しいものを購入するため、旅行資金など様々なことのために使うことが可能です。

キャッシングは大きく分類すると、消費者金融、銀行、クレジットカードが行っているものがあります。代表的なキャッシングを行っている業者が消費者金融で、他の業者と比較して審査スピードが速い特徴があります。申

込みをするとすぐにコンピューター審査が開始されますので、最短30分程度の時間で審査が完了することから、即日融資に対応してくれます。1000円単位の少額から融資を希望することが可能で、少額の借り入れをするときには収入証明書の提出は求められず、本人確認書類だけを提出すれば借り入れができます。

銀行のキャッシングは消費者金融と比較したときに、審査が厳しいことや、融資の可否が決定するまでに時間がかかることが多いです。知名度の高い銀行から融資を受けたいときに向いているサービスで、消費者金融から借り入れをしたときには上限金利が18%程度になりますが、銀行から借り入れをすれば上限金利は平均15%程度になるので、安い金利で融資を受けることが可能です。

また、銀行のキャッシングには総量規制が適用されませんので、消費者金融から融資を受けるときのような年収3分の1までしか借り入れできないということはありません。

クレジットカードのキャッシングは、クレジットカードをすでに持っている人であれば、機能を追加することによって借り入れができるようになります。